結婚によって医療から介護へ移る看護師

 医療業界で働いている看護師は結婚してしまうと勤務条件が厳しくて働き続けるのに困難を感じがちです。家事を担っていくためには定時で帰れることが望ましいのは確かであり、育児をするようになると夕方も遅くまで働けない状況になるでしょう。医療業界でも勤務条件が緩められた職場もありますが、待遇面と仕事内容を見てみると理想的と言えるものは見つかりにくいのが実情です。特に勤務先が近くにないという問題を抱えてしまうことは多く、勤務時間は短くても通勤時間が長くて厳しいと感じることはよくあります。
 そのときに考慮すると良いのが医療から介護への転職であり、介護業界での看護師の需要の高さに着目すると良いでしょう。結婚してからも働きやすい待遇を与えている求人は多く、職場の数も豊富なので近隣に見つけられる可能性が高いのが特徴です。仕事内容は限られているものの、医療業界で働いてきた経験がないとむしろ働きづらい場合が多いことからそれまでの経験を生かせる転職になります。給与については医療業界に比べると水準が低いのが介護業界の実情ですが、それ以外の待遇を見れば良好であり、休暇の設定はや各種手当などが比較的良好な状態になっているのが一般的です。
 結婚生活を送りやすい待遇を想定することで、看護師の人材を確保しようと各施設でよく考えて求人募集が行われているため、どれも家事との両立が可能だと感じるかもしれません。医療から介護への転職は勤務条件を緩めて働くのに適している選択肢なのです。