制度面に着目して転職する結婚予定の看護師

 女性が中心となって働く職種として知られる看護師の場合には、勤務条件の厳しさが将来設計をする上で切実な問題になります。家事や育児をしながら仕事を続けていけるかどうかと考える上で大きな障害があるからです。厳しい勤務条件になっていると家事や育児の両立が難しくなり、結婚したら退職を考えなければならなくなるでしょう。
 その対策として結婚予定が決まった時点で将来を見越した職場に転職する事例が多くなっています。制度面に着目するのが特徴であり、もともと就職の時点でよく考慮していた人の場合には転職せずに働き続けるのが通常です。福利厚生の充実によって看護師の確保を行おうとしている職場は多く、それに着目するのが将来設計をする上で大切になります。
 結婚してから次に考えることになりやすいのが出産と育児ですが、出産休暇や育児休暇はほとんどの職場で取れるようになっているのが現状です。重視されているのは育児の支援であり、託児施設や提携保育園のある職場がよく求められています。また、保育園を卒業した後のことも考えて時短勤務を制度として取り入れている職場を選んで転職するという例も多くなり、将来設計に対して入念になっている看護師が増えているのが実情です。育児に備えるために制度面を重視した転職を行っておくと働くのを断念しなくて済みやすく、家族を持つようになってからも共働きをしていきたいという人にとって重要な転職となっています。