一般常識を身につけることも大切

 医療業界で働いていると大半の時間を職場で過ごすことになり、医療関係者以外とはあまり接する機会がなくなります。患者と会話をするときにも医療従事者の立場で話せば良いため、基本的には医療業界内の常識に従って振る舞っていれば問題ありません。
 しかし、看護師が結婚するときには一般的な常識を身につけておくことが大切です。仕事に必死になっている人ほど自分の常識が世の中では通じないのだということを忘れてしまいがちになります。医療業界は閉じられた業界であり、現場で常識的に使っている言葉や普段から行っている習慣は他の人から見れば異常にも思われることがあるのです。ときどきデートをするという程度ではそれほど驚かれなくても、夫婦で生活をするようになるとその非常識さを毎日見られるようになってしまいます。それが原因で互いに理解できないのだとパートナーに思われてしまわないように気をつけなければならないでしょう。
 看護師にとって一般常識の欠如が問題というよりも、医療業界での常識が身にしみ付きすぎているのが問題のことも珍しくありません。仕事ばかり行っているなら、結婚前には職場と自宅での行動や発言の切り替えを意識するようにしましょう。円満な夫婦関係を作り上げていくためのコツであり、予め同棲生活を始める前から少しずつ練習しておくのが無難です。医療現場での常識を通用させようとするよりも自分が一般に合わせた方が家庭外でも役に立ちます。